空き家の処分売却リフォームナビ
*
空き家の処分売却リフォームナビ > 売却 > 空き家を売却する時に発生しやすいトラブルの例について

空き家を売却する時に発生しやすいトラブルの例について

一戸建ての売買は、非常に大きな売買になりますので、それに伴ったトラブルも多くなってきます。
あらかじめこうしたトラブルについて把握しておくことは、トラブルを小さくすること、またはトラブル自体を避けることに繋がります。

 

■瑕疵担保責任に関係するトラブル

契約が成立した後に一戸建てに瑕疵が見つかった場合に、大きなトラブルに発展するというケースがよく見られます。
特に多いトラブルは、雨漏り・シロアリ・土地の汚染・給排水についての瑕疵というものがあります。
基本的に、こうした瑕疵については瑕疵担保責任というものが売主には求められるので、売買が成立した後であっても、売主が修復や修繕を行なう必要があります。
もし、こうした瑕疵について知っていながら黙っているなら後々大きなトラブルへと発展することになりますので、あらかじめきちんと正直に話しておくことは重要です。
また、売主がこうした瑕疵について全く気付いていないというケースもあります。
契約時にこうした瑕疵の免責という条項を加えることがあり、これは瑕疵担保責任免責というものです。
特に経年劣化がみられる築年数が多い一戸建などの物件に関しては、この瑕疵責任担保免責という条項が加えられることで、膨大な修繕費を売主が負担しなくても良いようになります。

 

■土地の境界線に関するトラブル

一戸建ての売却に関して、マンションの売却と異なる点は、売却には土地も含まれるということです。
ですから、この土地の売却部分をしっかりと行っていないと、後々トラブルになってしまうことになります。
例えば、売却を行なった後に、買主とご近所との間に境界線のトラブルが起きるということがあります。
こうなると、買主は売主へと「境界線はどうなっているのか」という苦情を述べることになります。
ですから、一戸建ての売却を行なう時には、きちんと「土地測量図面・境界確認書」を準備、法的に隣との境界線がどこになるのかをはっきりさせておきましょう。