空き家の処分売却リフォームナビ
*
空き家の処分売却リフォームナビ > 売却 > 一戸建ての売却には不動産会社ごとにどれくらいの差が出るのか

一戸建ての売却には不動産会社ごとにどれくらいの差が出るのか

全ての物は需要と供給で成り立っています。
つまり、どんなに高額で購入したものであっても需要がなければ、その価値は大きく下がってしまいます。
これは購入した一戸建てについても同じことが言えます。
不動産会社によって査定価格が異なる具体的な理由と金額の差についてまとめます。

 

■不動産会社の持っているデータ

例えば、A市にある一戸建ての売却を考えている場合に、そのA市についてのデータを持っている不動産業者と持っていない不動産業者では、査定金額が変わってくることがあります。
A市の物件に関して知識やデータがあるのであれば、大体これくらいで買う人がいるという判断を出しやすくなり、売却査定の金額を強気で設定できるようになります。
しかし、こうしたデータがないのであれば、不動産会社もリスクを避けるために、売却金額を抑えた状態で査定金額を出すことになり、これによって査定金額に差が出てくることになります。
また不動産膾会社によって得意分野が異なっているという点も考慮することができます。
A不動産はマンションの販売を得意としており、この分野におけるデータをたくさん持っていて、実際に購入したいという人の情報まで持っているのであれば、売買の成立の目途が立っているので査定金額も高くなります。
しかし、注意したい点として査定金額はあくまで不動産業者が出してくる「これくらいで売れる可能性がある」という金額なので、必ずその金額で売れるということではありません。

 

■不動産会社によって異なる金額

先ほども説明しましたが、不動産会社の出す査定金額は、決定した金額ではなく売却が可能かもしれない金額なので、実際の売却金額は買主との交渉によって変わってきます。
しかし、査定金額は参考にはできますし、実際に売りに出される金額と直結しますので重要です。
例えば、複数の不動産業者へ査定を依頼すると、A社では金額が1800万円、B社では1500万円、C社では1390万円という差が出てくることがあります。最終的に販売価格をいくらにするのかは自分で決定することになりますが、高い査定金額の不動産業者の方が、自分の一戸建てを高く売れる自信があるということになるので任せやすいという事になります。