空き家の処分売却リフォームナビ
*
空き家の処分売却リフォームナビ > 売却 > 古家ありで売却するより更地にして売却した方が良いケースとは

古家ありで売却するより更地にして売却した方が良いケースとは

一戸建ての売却の方法はたくさんあります。
その中には、建物を更地にしてから売却するという方法です。しかし、この更地にするという方法もメリットデメリットがあります。
では、更地にして売却を行なった方が良いケースとはどのようなものでしょうか?

 

■築年数が経ちすぎている

一般的に、一戸建て住宅の場合建物の価値は築20年までです。
それ以降であれば、建物としての価値はないとされています。
ですから、更地について考えるのであれば、築20年以上の物件にしましょう。
但し、築20年が経っているから絶対で更地の方が良いとはかぎりません。例えば、築20年以上が経過しているものの、建物がしっかりしている、メンテナンスを丁寧に行ってきているので状態が良好である場合には、建物が残っている方が、人気が高くなるでしょう。
更地の方が絶対に良いというケースもありますが、それは建物の劣化がひどく、そのままでは誰も住むことができないというものです。
このような場合には、売却を行なう前に更地にしておく方が、売却を行ないやすくなるでしょう。
加えて、買主が更地を望んでいるという場合には、それに応じるということもできます。
その際には、話し合いによって更地にする費用を折半するかどうかを決定できます。
しかし、更地にすると税金の面で大きな変化が生じますので、この点を忘れないようにしましょう。
土地の上に建物が建っている場合には、土地への固定資産税は六分の一になっています。
つまり、更地にしてしまうと固定資産税が自動的に6倍になるということです。

 

■更地にするための費用

建物を壊して更地にするのには費用がかかります。
この費用は業者によって異なりますが、基本的には建物の面積(坪)によって決まります。
一般的には、1坪あたり木造建築の場合には3万円になります。
RC構造(鉄筋コンクリート)の場合には、1坪あたり5万円が相場になります。
実際に、更地にする場合には、この金額を参考にしてください。
それでも、土地を更地にする場合には、事前に不動産業者に更地にした方が良いかどうかを聞いてみましょう。