空き家の処分売却リフォームナビ
*
空き家の処分売却リフォームナビ > 売却 > 一戸建ての住宅を売却するときに必要な税金のこと

一戸建ての住宅を売却するときに必要な税金のこと

国家が成り立っていくためには、税金が必要です。
一戸建ての売却時にもこうした税金が発生します。一般的に、住宅の売却時にはお金がかかることは認識されていますが、こうした費用として抵当権抹消費用、仲介手数料、印紙代などを思い浮かべる方も多いようです。
しかし、こうした費用は諸費用であって「税金」ではありません。
では、一戸建てを売却するときにかかる税金にはどのようなものがあるでしょうか?

 

■譲渡所得税の支払い

不動産の売却時に発生する税金は「譲渡所得税」と呼ばれるものです。
簡単に説明するなら、一戸建てを売却して、そこに利益が発生しているなら、その利益に関して税金がかかってくるということです。
ここでポイントになるのが、利益が出ているのかいないのかということになります。
もし利益が出ていないのであれば、当然税金がかかってくることはありません。
では、利益があるかどうかということは、どのように判断するのでしょうか?
単純な計算式になります。課税される譲渡所得=一戸建ての売却金額-(戸建て取得金額+売却時諸費用)という計算式になります。
例えば、2000万円で購入した住宅を1500万円で売却するなら利益はないので、譲渡所得税はかからないということになります。売却金額が2100万円で売却諸費用が150万円であっても、利益は-50万円になるので課税対象外ということです。
仮に利益が出たとしても、課税譲渡所得が3000万円以下であるなら特別控除ということになり、税金はかかりません。
加えて、仮に利益が出ない場合には、損失として確定申告時に申告でき、給与所得税の控除対象になるので、確定申告をすれば税金が戻ってくることになります。

 

■譲渡所得税の仕組み

一戸建てを売却した時に利益が生じた場合には、譲渡所得税(所得税、住民税)がかかりますが、その仕組みは下記のとおりです。
一戸建ての所得年数5年以下:
譲渡所得税=譲渡所得金額の30%(所得税)+譲渡所得の9%(住民税)
一戸建ての所得年数5年以上:
譲渡所得税=譲渡所得金額の15%(所得税)+譲渡所得の5%(住民税)
これが譲渡所得税の内訳になります。