空き家の処分売却リフォームナビ
*
空き家の処分売却リフォームナビ > リフォーム > 介護で住宅改修すると補助金が出る!リフォームお得な話

介護で住宅改修すると補助金が出る!リフォームお得な話

自分自身や親世代が高齢になった時のために、住宅のリフォームを考える人も多いでしょう。

ただし、「近い将来のために」と思って事前にリフォームを進めるよりは、「要支援」または「要介護1~5」と認定されてからリフォームした方が金銭的にはお得です。

なぜなら、介護保険で補助金が出る可能性が高いからです。

「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用すれば、最大20万円までの改修工事費の9割(つまり最大18万円)の補助金が出ます。

ただし、介護保険が適用になるリフォームには条件があって、例えば戸建て住宅のリフォーム検討項目で上位にランクする「屋根や外壁」のリフォームは補助金が出ません。

あくまで「介護のためのリフォーム」に限るということですね。

具体的には、

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消*
  3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更*
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

が対象です。

*平成12年12月以降、玄関から道路までの(建物と一体ではない)屋外での工事も住宅改修の支給が可能となりました。

なお、原則としてリフォーム工事の実施前に申請が必要ですが、やむを得ない事情がある場合には、工事完成後に申請することもできる、となっています。

 

■意外と知られていない上限20万円(18万円の補助)のウラ情報

介護保険によってリフォーム費用20万円までの9割(18万円まで)の補助が出ることを知っている人は多いのですが、意外と知られていないお得情報があります。

それは、この上限20万円(18万円補助)が、複数回受けられること。

もちろん原則は1回だけです。ただし、ある条件のもとでは複数回上限20万円(18万円補助)が受けられるのです。

これは補助金18万円を3万円、3万円、3万円、9万円と複数回に分けて受け取れるということではありません。

1度18万円受け取って、再度18万円受け取ることもできます。

気になるその条件は、以下の通りです。

  1. 要介護状態区分が重くなったとき(3段階上昇時)
  2. 転居した場合

つまり、旧宅で介護保険の補助金18万円を使って段差の解消工事をしていても、引っ越ししたら新しい家でまた補助金18万円を使って段差の解消工事ができるということです。

これは、知っておかないと損しますね。

 

■介護のための住宅改修費用の相場は?

では、介護保険が適用される住宅改修について、それぞれ工事費用はどのくらいかかるか見てみましょう。

国土交通省の資料*によりますと

  1. 手すりの取付け:1万円~20万円
  2. 段差の解消:8万円~20万円
  3. 廊下の改修:20万円~100万円
  4. トイレ全体の改装:20万円~100万円

となっています。

*国土交通省「事業者団体を通じた適正な住宅リフォーム事業の推進に関する検討会第1回配布資料」(2013/12/24)

 

ただし、上記はあくまで目安です。付帯工事も含めればもう少し高くなるかもしれません。

ただ、業者や施工方法によって上記の金額よりもかなり安くなることも考えられますので、一度見積もりを取ることをおすすめします。

 

なお、今はネット上で簡単に複数の業者からリフォームの見積もりを取ることができます。

(参考)リショップナビ 見積もり

 

こういった一括見積サイトを利用すれば、自分の理想のリフォームが格安でできるかも知れません。間に仲介サイトが入るため、悪徳業者に騙されるのを回避することもでき、安心です。

リフォームをお考えなら、一度サイトを通して見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

もちろん、見積もり依頼だけなら無料でできます。