空き家の処分売却リフォームナビ
*
空き家の処分売却リフォームナビ > 売却 > ローンを払えなくなった一戸建ては競売よりも任意売却すべき?

ローンを払えなくなった一戸建ては競売よりも任意売却すべき?

一般的に一戸建てを購入するときには、20、30年ローンを組んで購入資金を作るものです。
長い時間になりますので、仕事や生活に変化が生じ、ローンの返済が出来なくなってしまうというケースがあります。
そのような時に、任意売却や競売で一戸建てを売却することになりますが、どちらの方法が良いのでしょうか?

 

■任意売却と競売の意味

ローン返済が残っているままの状態で一戸建てを売却することは基本的にできません。
その理由は、ローンが残っているということは、その一戸建てがまだ自分の物になっていないので売却を決定する権利がないからです。
その権利はローンを組んでくれた金融機関が有しています。
任意売却とは、不動産コンサルタントが金融機関と交渉をし、金融機関の合意を得たのちにローンが残っている状態のまま一戸建てを売却し、その資金でローンを返済できるというものです。
競売とは、ローン返済が滞った場合に、一戸建ての所有権利を持っている金融機関が裁判所に申し立てることで強制的に物件を売りローン返済をさせるというものです。

 

■任意売却の方が競売よりもお得

任意売却と競売では一戸建ての売却金額が大きく異なっています。
ローン返済が難しくなり、債権者である金融機関によって強制的に売却が行われてしまう競売では、スピード売却が重視されるので、金額はどうしても低くなってしまう傾向があります。
しかし、任意売却であれば、時間的に余裕があるので、一般市場価格と同じ金額で不動産を売却できるようになりますので、残っているローンの返済を行ないやすくなります。
その他にも任意売却にはメリットがあります。
競売での売却になった場合は、裁判所が強制的に引っ越しをするように要求してきます。
しかし、任意売却の場合には、引越し時期に関しては交渉の余地がありますので、話し合いによって決めることができます。
加えて競売にかけられてしまうと、自宅の情報は裁判所の資料に公開されてしまい、裁判所の調査官が自宅に来る事になり、また物件に興味のある不動産業者や個人が家を見に来るようになりますので、近所に自宅が競売にかけられているということを知られてしまうというリスクがあります。