空き家の処分売却リフォームナビ
*
空き家の処分売却リフォームナビ > リフォーム > 設備・内装(居室系)のリフォーム費用目安

設備・内装(居室系)のリフォーム費用目安

設備・内装のリフォーム費用について、前回の水まわり系に続き、今回は居室系の費用目安をご紹介します。

■~20万円で可能なリフォーム

  • 畳の交換 6万円~12万円
  • 畳→フローリングに 15万円~60万円
  • 壁クロスの貼り替え 6万円~30万円
  • 段差の解消(床のかさ上げ) 8万円~20万円

畳の交換に関しては、畳店へ依頼するケースもあるでしょう。畳からフローリングへの変更は大工さんへ個別に依頼するという方法もあります。ただ、一般的にはリフォーム店へ依頼することになります。

■20万円~50万円で可能なリフォーム

  • 壁クロス→珪藻土に 18万円~30万円

ホルムアルデヒド対策などで壁クロスを珪藻土に変更するリフォームも人気です。大工さんや左官屋さん、もしくはリフォーム店へ工事依頼が必要です。

■50万円~100万円で可能なリフォーム

  • 2室を1室にまとめる 50万円~80万円
  • 床暖房の敷設 50万円~150万円
  • リビングに収納棚をつくる 40万円~90万円
  • 和室→洋室への改装 50万円~200万円
  • 和室→洋室(バリアフリー仕様)への改装 70万円~300万円

基本的にはリフォーム店または工務店への依頼が必要です。

■100万円~300万円で可能なリフォーム

  • ダイニングの改修 100万円~200万円
  • リビングの改修 200万円~400万円

リビングもダイニングもどの程度までリフォームするかによって、当然費用も変わりますが、ここではリビング全体、ダイニング全体を想定しています。
依頼は、リフォーム店または工務店にします。

■300万円~500万円で可能なリフォーム

  • 天然素材を用いた室内全体のエコリフォーム 300万円~1000万円
  • ホームシアター 300万円~500万円

金額の幅が大きいですが、素材に何を使うか、設備にどれだけこだわるかによっても費用は大きく変わります。
リフォームの依頼は、リフォーム店や工務店に行います。

もちろん、上記はあくまで目安です。

施工する地域によっても相場が異なりますし、木造か鉄筋コンクリートかなどの家の構造などによっても、費用は大きく変わる可能性があります。
実際のリフォームにあたっては、きちんと見積もり依頼をしてください。

残念ですが、リフォーム業者の中には悪徳な業者もいるため、1社だけに見積もり依頼をするのはリスクが高いといえます。
必ず複数の業者に見積もり依頼するのが基本です。

今はインターネット上にリフォーム一括見積もりサイトというものがあります。

(参考)リショップナビ 見積もり

こういった一括見積サイトの場合、1回の入力で複数のリフォーム業者へ見積もり依頼できますので、そういったサイトを利用するのもよいでしょう。

 

リフォーム費用の目安出典:国土交通省「事業者団体を通じた適正な住宅リフォーム事業の推進に関する検討会第1回配布資料」(2013/12/24)