空き家の処分売却リフォームナビ
*
空き家の処分売却リフォームナビ > 売却 > どんな条件の一戸建てが売れやすい?人気が集まる物件の特徴とは

どんな条件の一戸建てが売れやすい?人気が集まる物件の特徴とは

一戸建てを売却する際には、その価格がどれくらいになるのか気になるものです。
こうした住宅の価格というのは、基本的には土地の値段と建物の価値によって決まるものです。
そして、価格は一軒家のある土地に人気があるのかどうかという点とも密接な関連があります。
では、人気のある一戸建て、つまり売れやすい一戸建ての条件とはなんでしょうか?

 

■住宅のアクセスと周辺環境

どれほど良い家であったとしても、アクセスや周辺環境が悪い場合には、人気が出にくくなってしまいます。
例えば、都心まで電車一本で1時間圏内という事であれば、アクセスは比較的良いので、内覧希望者も集まり易いでしょう。
加えて公共施設や商業施設までの距離が近い物件には人気が集まる傾向もあります。
例えば、小学校・中学校が近いなら、子供のいる家庭であっても購入を検討することができるようになります。
加えてスーパーマーケットまでの距離が近いなら主婦にとって便利になるので、やはり人気が出てきます。
そして近所に公園などがあるという点も、家族で住む確率の高い一戸建てでは必須条件に入ってくることもあります。
そして近年重視されるようになってきているのが、大型の分譲物件というものです。
近所に多くの戸建てがあるということは、防犯上必然的に安全性が高いということになるわけです。

 

■一戸建ての利便性や築年数

古い物件よりも新しい物件に人気が集まるのは当たり前のことです。
築浅一戸建てということであれば、特に人気が高いのが築2年もしくは築3年ほどの戸建てです。
この築年数の場合には、ほぼ新築と変わらないほどのクオリティでありながら、当然経年が考慮されて新築時よりも1~2割は価格が下がっていますので、マイホーム購入希望の方には特に人気があります。
さらに、家自体の利便性も重要になります。
まずは、戸建てである以上、家族住まいになるので、駐車場が複数あるということは重要です。
また、4LDK以上の間取りがあるということも、利便性と関係してきます。
子供が複数できた場合には、やはり4部屋は必要になりますので、この間取り以上の住宅であれば人気が出てきます。
加えて、水回り、屋根周り、外壁のメンテナンスをきちんと行っていて、その記録がしっかりと残っている一戸建ても売れやすい物件と言えます。